Moyの絵「傘」


不定期にお送りするFuncaの画伯ことMoyのスマートデッザンのコーナー。
鉛筆も筆も使わずスマホと指先のみで書き上げる作品をご覧ください。
というよりなんかコーナー持たされたので頑張ります。
(しばらくは過去の作品のおさらいをいたします。あ、常時お題募集中です。)

本日の絵は「傘」

「傘」

IMG_2066

お久しぶりです。はたまた初めまして。

東京では梅雨が明けましたね。
かくいうワタクシはつい先日まで、とっくに梅雨明けした沖縄周辺でブラブラしておりました。
さておき、今回はその明けた梅雨にちなんで「傘」。
現在はゲリラ豪雨などと言う物騒な名前の雨が世間を賑わせておりますが、日本には昔から夕立と言われるとても赴き深い雨がありますので、まだまだこの子のお世話になる事は多いと思います。

この作品のポイントも顔の位置です。
傘を描いたならば、顔は通常「小間」や「菊座」(『傘 部品 名称』で検索参照)の辺りに描かれる事が多いと思います。
そうすると傘は舞い降りる雨に挑むような形になります。
でも本当にそうでしょうか?
雨という物は、いくつになっても悲しみや辛さを、良くも悪くも増幅させてくれるような気がします。
アナタが傘が開いたそんな時、片手が塞がってしまう煩わしさと共に少しホッとしませんか?
それはこの子のような「傘」が、アナタを心配してくれているからかも知れません。
もっと言えば、アナタは自分の意志で傘を開いたと自身を持って言えますか?
もしかしたら励まそうとした「傘」がアナタに開かせたのかもしれませんね。

そんなビール片手なちょー晴れた昼前です…。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>